すい臓がんへの対応

すい臓がんは確かに早期発見、治療方法が難しく、予後も悪いがんといわれています。

すい臓がんになった場合、本当に運が悪いとしかいいようがありませんが、これは自分にも当てはまることです。

すい臓がんにならないためには、どうしたらいいでしょうか。
これといった確定的なことはありませんが、すい臓がんの危険因子は、大体次のようなことがいわれています。

※ 肉とかコーヒーなどの刺激物の過剰摂取

※ 喫煙

※ 糖尿病、肥満、すい炎、胆石匠

※ 遺伝的な因子

※ 高齢 などなどです。

すい臓がんは名誉なことではないですが「がんの王様」と呼ばれているんですね。すい臓がんと診断されたときに、余命宣告もされることが多いようです。

すい臓がんは発見がしにくいばかりでなく、他の臓器への転移が多く見られ、外科手術をしても再発率が高いのです。

すい臓がんの転移ルートとしては、血液からの転移、リンパからの転移、浸潤による転移があるようです。

血液からの転移は、肝臓や肺、骨、じん臓、脳など、
リンパからの転移は、十二指腸など、
浸潤による転移は、十二指腸、総胆管、門脈など。

もし、自分がすい臓がんと診断されたらどう対応しようかと考えることがあります。

すい臓がんを煩って、すい臓がんと分かりながらも仕事に専念、最後まで人のために尽くされた方を知っています。

自分だったらこんなに崇高な考え方が出来るのか自信がありません。

病気はいつ、自分に襲ってくるか分かりません。
でも、もし、自分がその立場になったら、現実をしっかり受け止め、前向きに対処しようと思っているのですが・・・

すい臓がん手術を名医にしてもらいたい!

すい臓がんの効果的治療は、現代では外科的手術が一番といわれていますね。

すい臓がんは早期発見そのものが難しいとされていますが、発見後完治しないというわけではありません。

すい臓の位置する場所が、胃と背中の間にあり、超音波検診でもなかなか抽出が難しいところです。

すい臓がん、すい炎の治療方法は盛んに研究されているのでしょうが、すい臓がん自体は昔より発症率が増加しているものの、他の臓器のがんの発症率、がんの発生件数が多いため、すい臓がんに対する治療方法が進化していないと思われるのかも知れません。

甲状腺がん、胃がん、子宮がん、前立腺がん等は早期発見、早期治療を施せば、完治する率も最近では大きくなっており、5年生存説、10年生存説も改善されてきています。

すい臓がんの5年生存率、10年生存率は他のがんに比べると低くなっており、やはり、治療の難しいがんであると言えます。

ただ、早期発見が出来るようになると、完治率、生存率も改善されるのではないでしょうか。

すい臓がんが見つかった場合は、あらゆる検査を短期間に行い、治療方法を決定する必要があります。

私の祖父はすい臓がんで他界しましたが、胃がんの可能性ということで、胃を切開しましたが、胃がんではなく、すい臓がんだったのです。

それだけ、すい臓がんに対する治療が遅れました。
すい臓がんの治療はいかに早期に取りかかることが大事が思い知ったのでした。

すい臓がんの手術を行う場合は、すい臓がん手術の執刀経験がある医者が在籍する病院で行いたいですね。

すい臓がん手術を得意としている病院をどうして探すかですが、何といってもインターネットが一番の情報源になるようです。

保険会社でも、すい臓がんだけにとどまらず、まさかの時の病院紹介を商品として開発しているということも聞きました。

色々調べる方法はありますね。

すい臓がんの治療方法

すい臓がんの治療方法にはどんなものがあるのでしょうか。

外科手術治療、放射線治療、抗がん剤治療、免疫療法などがあります。

現在のすい臓がん治療の最善の方法は外科手術方法といわれていますね。すい臓がんも他に転移していなければ、患部の切除で完治する可能性もあるのでしょう。

すい臓は他の消化器官と接しており、仮に転移が見られなくても、胃の一部、小腸、十二指腸、胆嚢、脾臓などの器官の一部を切除することもあるようです。

すい臓がんの手術は高度な技術が必要であり、極めて難しい手術でもあるんですね。

手術が出来ないすい臓がんの場合は、抗がん剤を用いた治療になります。進行すい臓がんはなかなか抗がん剤治療の効果が出にくいケースも多いんですね。

患者さんによっては、外科出を施し、放射線さらに抗がん剤治療を組み合わせて治療することもあります。

最近、注目されている免疫療法ですが、すい臓がんの治療としてはこれからの研究が待たれるところのようです。

すい臓がんは極めて見つけにくいがんで、発見されたときは他臓器への転移があり、9割は出術不可能ともいわれています。

私の祖父もすい臓がんで他界しましたが、当初は胃がんの疑いで胃の手術をし、すい臓がんと診断されたのはそれから3ヶ月も後でした。

すい臓がんと診断され、手術で開腹したときは手の施しようがない状態だったのです。


こうしてみると、すい臓がん治療の第一は外科手術ではあるものの、実際に手術で完治する率は非常に低いんではないでしょうか。

現代のがん治療でむずかしい治療のひとつにあげられているのがすい臓がんなんですね。

すい臓がんの症状

すい臓がんの初期には無症状で自覚症状が出ないため、早期発見が困難なことが多いようです。

すい臓がんも進行すると、体重の減少、背中の痛み、腹痛、下痢などが頻繁に見られるようになります。

すい臓は胃の後ろ側にあり、他の臓器との境界がはっきりしないので、がん細胞が転移しやすい臓器でもあります。

すい臓がんが発見されたときは、他の臓器に転移しているケースが多いといわれます。

私の知り合いも、腹部の痛みを訴え、胃の病気を疑って検査しましたが、何も発見されず、後になってすい臓がんと分かり、手術しましたが、転移が激しく、亡くなりました。

人間ドッグの超音波検査でもすい臓の状態をきちんと捉えられないことがあります。事実、私も2年続けて、すい臓抽出不能でした。

すい臓はインシュリンを出す極めて大事な臓器ですよね。

すい臓がんになった時の症状は、腹痛、背中痛、下痢などの他に、皮膚の黄疸や、尿が黄色くなったりもします。

すい臓がんは、他のがんと同様、日本でも年々増加してきています。
発症年齢は50歳代以上が多いようです。

すい臓がんは早期発見が極めて難しいがんといわれています。
日頃から腹部の体調管理には特に気をつけ、腹痛、背中痛を感じたときは、迷わず病院での診察を受けることが必要です。

すい臓がんを疑うのは非常につらいことですが、早期発見につながれば、早期治療も可能です。

すい臓がんの死亡率が高いのは早期発見、早期治療が出来なかったのが第一原因のようですので、日頃の体調管理、体調変化への対応がいかに大事かということです。



すい臓がんはどうして発症する?

すい臓がんはどうして発症するのでしょうか。

すい臓がんの予防法、治療法、またその可能性はどうなんでしょうか。がんにも色々の種類があります。

胃がん、肝臓がん、腎臓がん、肺がん、大腸がん、食堂がん、胆のうがんなどが臓器のがんですが、すい臓がんはきわめて予後が悪いといわれているがんです。

すい臓がんを患った患者さんにせっしたことがありますが、症状を見るたびに胸が痛みました。

その患者さんはすい臓がん闘病記をつけられ、症状は悪化するにもかかわらず、常に明るく振舞っていらっしゃったのが印象的でした。

私がその患者さんに会ったときはもうすい臓がんの末期でした。
患者さんからしてみれば、名医にみてもらい、全快したい思いで一杯ですよね。

すい臓がんになって、余命何ヶ月と宣告されたら、私だったらどうするか考えただけでも震えがきます。

すい臓がんになりました。とはとても言えない気がします。

すい臓がんの生存率は他のがんに比べて、極めて低いといわれています。

治療は手術がいいのか、抗がん剤治療がいいのかも迷うところです。
すい臓は胃と背中の間にあり、手術もかなり難しいと聞いたことがあります。

もし、運悪くすい臓がんになったら、すい臓がん手術の数が多い、信用のある病院で治療したいですね。

すい臓がんになったら、食事も普通の食事ではいけないんですよね。
私が会った患者さんは表情は明るくされていましたが、心の中を察するとやりきれない思いです。

すい臓がんは転移をしやすく、再発の可能性も高いと聞いています。
発見するためには、毎年、すい臓検査をすることが大事ですね。

すい臓がんの原因は何なのでしょうか。どうして発症するのでしょうか。

また、すい臓がんの治療法は手術が最良の方法なんでしょうか。
早期発見ならば、完治のがんも多い中、すい臓がんの完治の可能性はどうなんでしょうか。

すい臓がんにならないためには?



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。