すい臓がんへの対応

すい臓がんは確かに早期発見、治療方法が難しく、予後も悪いがんといわれています。

すい臓がんになった場合、本当に運が悪いとしかいいようがありませんが、これは自分にも当てはまることです。

すい臓がんにならないためには、どうしたらいいでしょうか。
これといった確定的なことはありませんが、すい臓がんの危険因子は、大体次のようなことがいわれています。

※ 肉とかコーヒーなどの刺激物の過剰摂取

※ 喫煙

※ 糖尿病、肥満、すい炎、胆石匠

※ 遺伝的な因子

※ 高齢 などなどです。

すい臓がんは名誉なことではないですが「がんの王様」と呼ばれているんですね。すい臓がんと診断されたときに、余命宣告もされることが多いようです。

すい臓がんは発見がしにくいばかりでなく、他の臓器への転移が多く見られ、外科手術をしても再発率が高いのです。

すい臓がんの転移ルートとしては、血液からの転移、リンパからの転移、浸潤による転移があるようです。

血液からの転移は、肝臓や肺、骨、じん臓、脳など、
リンパからの転移は、十二指腸など、
浸潤による転移は、十二指腸、総胆管、門脈など。

もし、自分がすい臓がんと診断されたらどう対応しようかと考えることがあります。

すい臓がんを煩って、すい臓がんと分かりながらも仕事に専念、最後まで人のために尽くされた方を知っています。

自分だったらこんなに崇高な考え方が出来るのか自信がありません。

病気はいつ、自分に襲ってくるか分かりません。
でも、もし、自分がその立場になったら、現実をしっかり受け止め、前向きに対処しようと思っているのですが・・・

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。