すい臓がんとはカテゴリの記事一覧

すい臓がんの症状

すい臓がんの初期には無症状で自覚症状が出ないため、早期発見が困難なことが多いようです。

すい臓がんも進行すると、体重の減少、背中の痛み、腹痛、下痢などが頻繁に見られるようになります。

すい臓は胃の後ろ側にあり、他の臓器との境界がはっきりしないので、がん細胞が転移しやすい臓器でもあります。

すい臓がんが発見されたときは、他の臓器に転移しているケースが多いといわれます。

私の知り合いも、腹部の痛みを訴え、胃の病気を疑って検査しましたが、何も発見されず、後になってすい臓がんと分かり、手術しましたが、転移が激しく、亡くなりました。

人間ドッグの超音波検査でもすい臓の状態をきちんと捉えられないことがあります。事実、私も2年続けて、すい臓抽出不能でした。

すい臓はインシュリンを出す極めて大事な臓器ですよね。

すい臓がんになった時の症状は、腹痛、背中痛、下痢などの他に、皮膚の黄疸や、尿が黄色くなったりもします。

すい臓がんは、他のがんと同様、日本でも年々増加してきています。
発症年齢は50歳代以上が多いようです。

すい臓がんは早期発見が極めて難しいがんといわれています。
日頃から腹部の体調管理には特に気をつけ、腹痛、背中痛を感じたときは、迷わず病院での診察を受けることが必要です。

すい臓がんを疑うのは非常につらいことですが、早期発見につながれば、早期治療も可能です。

すい臓がんの死亡率が高いのは早期発見、早期治療が出来なかったのが第一原因のようですので、日頃の体調管理、体調変化への対応がいかに大事かということです。



すい臓がんはどうして発症する?

すい臓がんはどうして発症するのでしょうか。

すい臓がんの予防法、治療法、またその可能性はどうなんでしょうか。がんにも色々の種類があります。

胃がん、肝臓がん、腎臓がん、肺がん、大腸がん、食堂がん、胆のうがんなどが臓器のがんですが、すい臓がんはきわめて予後が悪いといわれているがんです。

すい臓がんを患った患者さんにせっしたことがありますが、症状を見るたびに胸が痛みました。

その患者さんはすい臓がん闘病記をつけられ、症状は悪化するにもかかわらず、常に明るく振舞っていらっしゃったのが印象的でした。

私がその患者さんに会ったときはもうすい臓がんの末期でした。
患者さんからしてみれば、名医にみてもらい、全快したい思いで一杯ですよね。

すい臓がんになって、余命何ヶ月と宣告されたら、私だったらどうするか考えただけでも震えがきます。

すい臓がんになりました。とはとても言えない気がします。

すい臓がんの生存率は他のがんに比べて、極めて低いといわれています。

治療は手術がいいのか、抗がん剤治療がいいのかも迷うところです。
すい臓は胃と背中の間にあり、手術もかなり難しいと聞いたことがあります。

もし、運悪くすい臓がんになったら、すい臓がん手術の数が多い、信用のある病院で治療したいですね。

すい臓がんになったら、食事も普通の食事ではいけないんですよね。
私が会った患者さんは表情は明るくされていましたが、心の中を察するとやりきれない思いです。

すい臓がんは転移をしやすく、再発の可能性も高いと聞いています。
発見するためには、毎年、すい臓検査をすることが大事ですね。

すい臓がんの原因は何なのでしょうか。どうして発症するのでしょうか。

また、すい臓がんの治療法は手術が最良の方法なんでしょうか。
早期発見ならば、完治のがんも多い中、すい臓がんの完治の可能性はどうなんでしょうか。

すい臓がんにならないためには?



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。